知っていた!?解体工事費用のヒミツとは?

建物によって解体費用が変わる

解体工事をするときにはどれくらいの費用がかかるかが気になるところですね。解体費用はお店で売っている商品と違い、いくらになるとはどこも書かれていないからです。明確な料金は実際に見積もりを出してみないとわかりません。ただ、見積もりをしない段階でも解体費用のおおよその費用は出すことが出来ます。木造住宅であれば1坪あたり2万円から3万円、鉄骨住宅であれば3万円から4万円、鉄筋コンクリートであれば4万円以上というのがおおよその相場になります。

解体費用が大きく変動する理由は場所にあった!

ただ、その相場通りに計算をしても見積もりを取るとそれよりも100万円多かったり、逆に安かったりすることがあるのです。ですので、見積もりをするまではおおよその値段を知っているだけではあまり意味がないということなのですよ。では、なぜそのように解体工事費用が変わってしまうのでしょうか。それは、単に家の造りだけではなく、家の周りの環境などによって解体工事をしやすいところと解体しにくいところがあるからなんですね。

解体しにくいところは費用が高い

解体工事は手間がかかると多くの時間や多くの人を動員しなければならないため、その分お金がかかってしまうのです。例えば、建物の前に電柱が通っている場合があります。商店街や駅前の建物などによくありますね。そのまま建物を壊すと感電しますので一度電機会社に電話をして電柱を外すため余計に時間とお金がかかってしまうのです。また、通行量の多いところは交通整理の警備員を配置しなければならないためその分費用が高くなるわけですね。

筋交いは建物の強度や耐震性を向上させる効果がありますが、適切な方法で設置しないと却って建物に負担をかけてしまいます。そのため、正しい知識を持つ技術者による施工が重要になります。