賃貸物件の初期費用を抑える3つの対策とは

敷金や礼金が不要の賃貸物件を探す

賃貸物件の初期費用としては、まず敷金や礼金の存在があります。この敷金や礼金に関しては、賃貸物件のオーナーが自由に決めるものであり、中には敷金や礼金の二つ、もしくは片方がゼロ円の賃貸物件もあります。このようなところに引っ越しをすれば、かなり初期費用を抑えた形で移り住むことが可能になります。ただし、敷金がゼロの物件に関しては、若干注意が必要になってきます。例えば、敷金がゼロであっても、退去時に修理代を請求されたり、保険会社に保証料を支払う必要があったりするので、初期の段階ではお金がかからなかったとしても後々支払いが多くなる恐れがあるので注意しましょう。

仲介手数料がゼロの賃貸物件を探す

賃貸物件に入居する際の初期費用としては、敷金や礼金意外にも仲介手数料というものがあります。この仲介手数料は、不動産業者が紹介料として受け取るものであり、通常家賃の1か月分が費用としてかかることが多いです。最近では、この仲介手数料がゼロ、もしくは半額などに設定している不動産業者もありますから、そのような不動産業者を通して物件の契約を結べば、初期費用を抑えることができるでしょう。仲介手数料が必要な物件の場合は、媒介という記載があるかどうかを確認しておくことが重要です。

カードで分割して支払いが可能な賃貸物件を探す

通常敷金や礼金などといった初期費用に関しては、賃貸契約を結ぶときに支払うことが多いですが、中にはカード払いが可能な賃貸物件もあります。カード払いが可能な賃貸物件であれば、分割で支払ったり、ローンを組んで支払ったりすることができるので、初期費用を抑えることができます。ですから、もし引っ越しをするときに資金があまり余裕がなく、心許ない場合は、このようなカード利用で大丈夫な賃貸物件を探してみるとよいでしょう。

函館市の賃貸のマンションやアパートなどを探す場合はインターネットで探す方法がおススメです。より手軽に探せますので、手間がいりません。